ハンディキャップを持つ人々が手織りしたマフラー

[portfolio_slideshow timeout=3000]
softsの冬の定番・ハンディキャップを持つ人々が手織りしたマフラー
織り手の心情の変化から来る斬新かつ美しい色使い、そして唐突に織り込まれる糸の固まりが、
手織りの暖かい風合いに新鮮さとすばらしい緊張感を与えます。
すべて一点もの、かつ一ヶ月に一本〜数本しか織ることの出来ない、まさに身につけられるアートです。

注 十数本ありますが、販売は9月23日からの店内イベント「週間店長」からになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です